HOME

Menu

〜Rose〜

 

植物に何の興味もなかった私が家を建てたことにより、出会ってしまった最初の植物。

雑誌の何気ない1ページから私のバラ病は瞬く間に重傷になってしまい、

回復の兆しが全く見えない状態で現在も進行し続けています。

この病気は私が感染してから2年の間に私の母親にも感染してしまいました。

バラの持つ魅力は計り知れないものがありますよね。

それぞれの方が思い思いのバラを育てている事と思います。

 

 

約7千万年前、白亜紀末頃、野生の野バラが北半球だけに見られる事、

乾燥に強い原種が中近東からヨーロッパに、そして湿潤に適した原種が中国や東アジアに存在

することなどからその中間にあたるヒマラヤ山系のどこかで最初のバラは咲いたのではないかと考えられています。

 

私はバラの歴史は人類の歴史だと言っても過言ではないと思います。

 

バラほど人に愛されている植物は他にはありませんし、花の美しさ、素晴らしい香り、

バラ水やバラ香油などの効用、そしてやっかいなトゲまでもがバラの魅力であると思います。

バラは人類の歴史と共に世界中を移動して交雑し、現在も人の手で新しい品種が生み出され続けています。

 

私がバラを好きになったのは偶然ではなく必然だった。

好きになればなるほどそう思えてなりません。

私の人生にバラは無くてはならない存在になってしまったようです。

 

 

ここでは私の所有しているバラを紹介していきたいと思います。

多少画像が思いものもあるかとは思いますが、時間の許す限り見ていって下さいませ。

 

 

・庭にある薔薇たちの表情

・庭のバラの品種リスト

薔薇図鑑

 

Back  Next

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO